仙台市定禅寺通り・総合建設業株式会社橋本店
橋本店の歩み|株式会社橋本店
トップページ > 橋本店の歩み > 空を飛ぶクジラの由来


歴史

橋本店のシンボルマークは空を飛ぶクジラであります。
昔、クジラは犬のような四足で陸を歩いておりました。
しかし、肉食獣に追われ命拾いをし、安全のため海辺で生活するようになり、
海を生活の場に選び、生きるため自分の体を変化させて今の形に進化しております。
これから、クジラの夢は未知の空間である空を飛ぶことかもしれません。
橋本店も133年の歴史の中で時代の変化に合わせて形を変えていくことが生きる道であると思います。
建設業は未知の空間に夢を作る仕事でもあります。
生き残るため社員一人一人が昔のやり方をただなぞっていたのでは時代についていけません。 現状に甘んじることなく、常に新しい考えで変化できる会社を作ることが当社のシンボルマーク空を飛ぶクジラゆえんであります。
ダーウィンは進化論の中で

生き残るものとは、強いものではない。
賢いものでもない。
変化できるものである。

と言っております。

仙台市定禅寺通り・総合建設業株式会社橋本店