建築

櫻岡大神宮境内整備工事 施工状況(竣工)

最終更新日:2018年11月1日

2018年08月

櫻岡大神宮 整備後の境内の様子

2018年6月末から8月初めにかけて行われた櫻岡大神宮境内の大規模な整備工事は、駐車場の拡張にはじまり、池周りの整備、どんと祭斎場の整備、木々の移植や伐採、コンクリートの舗装、砂利の敷設、灯篭・石碑・掲示板の移動、参道遊歩道出入り口の設置、鳥居の洗い流しなど多岐にわたりました。

木々の移植・伐採を経て、境内の整備をしたことで、以前に比べて境内の見通しが良くなりました。防犯上においても大きな効果が期待でき、倒木の懸念がなくなったため、より安心して参拝ができるようになりました。
また、工事後の境内に対しても「明るくなった」「以前より境内が広く感じる」「車椅子やベビーカーでの参拝がしやすくなった」など、ご好評の声がたくさん寄せられたとのことでした。
この機会にぜひご参拝いただき、境内をご覧ください。

また、橋本店のこの境内整備事業に対し、宮城県神社庁より感謝状をいただきました。
表彰いただいたことを励みに、今後も地域の皆様に貢献できるよう努めてまいります。

鳥居の右側にあった掲示板を移動し、参道遊歩道への出入り口を設置しました。

参道遊歩道の整備を行い、歩きやすく、見通しが良くなりました。

宮城県神社庁より感謝状をいただきました。

PAGE TOP

2018年08月

櫻岡大神宮境内整備の竣工式が行われました。

厳しい暑さの中での整備工事となりましたが、全ての作業が無事に終了し、2018年8月5日に竣工式が執り行われました。
櫻岡大神宮今野克二総代長をはじめ神社関係者、および弊社社長、工事関係者が参列しました。

PAGE TOP

2018年06月

「櫻岡大神宮」境内の大規模な整備工事が始まりました。

整備前の櫻岡大神宮

当社が信仰しております仙台市青葉区にある櫻岡大神宮境内の大規模な整備工事が始まりました。
櫻岡大神宮には2011(平成23)年3月に発生した東日本大震災からの復興を祈念し、2012(平成24)年に大鳥居をご奉納、境内整備を行いました。今回の工事は橋本店の創業140周年記念事業の一環として櫻岡大神宮と合同で計画され、執り行われました。

PAGE TOP

作業状況レポート一覧へ