安全衛生の取り組み

OCCUPATIONAL HEALTH AND SAFETY

労働安全衛生方針

1.社是

“安全はすべてに優先する”をモットーに、“自ら変化に創造する人づくり”、“信頼される堅実なものづくり”及び“地域社会に貢献する会社づくり”に邁進する。

2.労働安全衛生方針

土木構造物の施工及び建築物の設計・施工において、労働災害(負傷・疾病)の防止に努め、職員はもとより現場作業員まで労働安全活動の目的が浸透するように、また、顧客、その他の利害関係者、広く地域社会に信頼・安心・満足を提供するために、以下のことに取り組む。

(1)当社の業務のおける顕在及び潜在の危険源の特定とリスクの低減

土木構造物の施工、建築物の設計・施工及びオフィス業務における労安危険源の特定及びリスクアセスメントを実施し、積極的に労安リスクを低減する。

(2)負傷・疾病の予防及び継続的改善

負傷・疾病の予防並びに労安マネジメントと労安パフォーマンスにおける継続的改善に取り組む。

(3)法令の順守

当社における労安の危険源に関して、適用される法令及び当社が同意するその他の要求事項を順守する。

(4)教育・訓練

この方針を全職員及び当社の業務に関わる人が理解し、労安上の義務を自覚できるように教育・訓練を行い、周知する。

(5)方針の公開

この方針は、当社ウェブサイトを通して外部に公開する。

(6)方針のレビュー

この方針が、妥当であり、かつ適切であることが確実に続くように定期的に見直しを行う。

株式会社 橋本店
代表取締役社長 佐々木 宏明

平成30年度 安全衛生管理目標

【安全管理】

1.目標

「死亡災害・休業4日以上災害・公衆災害の発生ゼロ」

2.目標達成のための重点施策

①重機・クレーン吊り荷作業における激突・挟まれ災害の防止
(重機接近警報装置活用の推奨、誘導なしでのバックホウの後退厳禁)

②上下作業禁止の徹底
(作業前に設備の点検を確実に実施)

③架空線切断・埋設物損傷の防止
(誘導員の適切な配置、関係者で現地を事前に確認、支障物付近の明示の徹底)

④墜落・転落災害の防止の徹底
(足場組み・解体、鉄骨建方時において4m以上の作業ではハーネス型安全帯を着用すること)

⑤作業主任者による直接指揮の徹底及び元請職員による確認の徹底

【衛生管理】

1.目標

「働き方改革/橋本店自主行動計画を遂行する」

2.目標達成のための重点施策

①週休2日制の積極的な取組

②夏季休暇及び年末年始休暇の長期取得

③ICT等の活用により生産性向上を図る

④ストレスチェック制度の確実な実施

⑤36協定の確実な順守