安全衛生への取り組み

OCCUPATIONAL HEALTH AND SAFETY

労働安全衛生方針

1.基本方針

株式会社 橋本店は、職員・現場作業員が労働安全衛生活動の目的に配慮した建設工事の設計・施工業務における労働災害の防止に努め、労働安全衛生に配慮した建造物の提供を通して、安全で持続的発展が可能な社会づくりに貢献する。

2.行動指針

土木構造物の施工及び建築物の設計・施工において、労働災害(負傷・疾病)の防止に努め、職員はもとより現場作業員まで労働安全活動の目的が浸透するように、また、顧客、その他の利害関係者、広く地域社会に信頼・安心・満足を提供するために、以下のことに取り組む。

(1)全職員・当社業務に関わる人々の負傷・疾病の予防、健康障害を防止するとともに、心身の健康増進に取り組む。

(2)事業活動から発生する心身的リスクを最小限にするため、全職員・当社業務に関わる人々に与える影響を的確に分析・評価し、技術的・経済的に可能な範囲で労働安全衛生に関わる目的・目標を設定する。

(3)建設工事の施工業務に適用される労働安全衛生に関する法令及び当社が同意するその他の要求事項を特定し、順守する。

(4)建設工事では、重大な災害に繋がるリスクが存在していることを常に認識し安全管理に努めるため、かつ施工業務における顕在・潜在の危険源を除去するため、リスクアセスメントで特定されたリスクを低減する。

(5)労働安全衛生マネジメントシステム及びパフォーマンスの継続的改善を実施することにより、この方針の妥当性・適切性を維持する。

(6)働く人及び働く人の代表で構成する安全衛生委員会を組織し、同委員会により、全職員・当社業務に関わる人々にこの方針を周知させ、教育・啓蒙活動により自覚を促し、全員参加での労働安全衛生活動を展開する。

(7)この方針は、当社ウェブサイトを通して、文書化した情報として外部に公開し、社内・社外の利害関係者が入手できるようにする。

2019年8月1日 改訂
株式会社 橋本店
代表取締役社長 佐々木宏明

ISO45001認定取得

ISO45001は、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格で、労働災害の防止と労働者の健康増進、快適な職場環境を形成し、事業場の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした安全衛生管理の仕組みです。橋本店では2014年に労働安全衛生マネジメントシステムの国際的規格「OHSAS18001」を認証取得し、2020年に「ISO45001」へ移行しました。