先輩社員に聴く橋本店

建築部 工事課横山 達哉

2020年入社
工学部 建築学科卒

どんな仕事にも責任感を持って臨む

私は現在、建築の施工管理として、工事写真の撮影や現場の確認、コンクリートの数量拾い、打設時の調整などを行なっています。作業を進めていく中で鉄筋の配筋などは隠れてしまうため、正しく配筋されているか記録することが重要です。まだ入社2年目で覚えることばかりですが、今後はもっと効率的に動けるよう段取りをしっかりと考え、責任感を持って仕事に臨みたいと思っています。

働きやすい現場の環境づくりを目指す

私は青森県弘前市の出身ですが、大学生活を送った仙台は住みやすく、魅力を感じました。卒業後も仕事で宮城や東北の発展に携わりたいと思い、橋本店への入社を志望しました。
これまで様々な現場を経験しましたが、建築の仕事は多くの人が関わり合うことで成り立っていることを改めて感じています。そうした中で作業の安全や品質を管理することは大変な仕事ですが、とてもやりがいを感じます。また、現場に携わる全ての方々に「この現場は楽しい」と感じてもらえるような、働きやすい環境をつくっていきたいと考えています。

入社を希望される方へのメッセージ

最初は分からないことばかりで戸惑いもあるかと思いますが、優しい先輩や上司が教えるので心配は要りません。建築の仕事は大変なことも多いですが、図面通りに建物が出来上がったときには、自分が頑張った分だけ感動や達成感も大きなものになります。その感動を一緒に共有できたら嬉しく思います。

休日はスキルアップを目指し、資格取得に向けて勉強中。