先輩社員に聴く橋本店

建築部 工事課佐藤 夏輝

2019年入社
工学部 環境建設工学科卒

先輩の動きや着眼点から多くを習得

現在、私の一日は、朝礼に始まり、安全書類などの作成やチェック、工事写真撮影や墨出し、安全整備、翌日の準備など、夕方の終業まで忙しい時間が続きます。現場では作業全体の流れを把握し、先行して準備することの難しさを感じますが、先輩や所長の動き、着眼点などからもたくさんのことを習得したいと思っています。仕事は大変ですが、足場が取れ、目の前に完成した建物が現れたときの感動や達成感は何ものにも代えられません。

気づきを共有、
働きやすい環境づくりに活かす

施工管理職を選んだのは、大学の教授からのアドバイスがきっかけで、様々な人とコミュニケーションをとりながら「ものづくり」をする仕事内容に魅力を感じました。橋本店への入社動機は、地元である宮城で仕事をしたいと思ったことと、県内の著名な建物を数多く手がけていることです。
建築の仕事は体力勝負。男性ならば難なく越えられる段差でも、体格差のある私には大変に感じるときがありますが、そうした気づきを共有し、働きやすい環境づくりに活かしたいと思っています。

入社を希望される方へのメッセージ

橋本店では、社員が仕事と育児を両立できる働きやすい環境づくりに取り組んでいます。今後さらに作業の効率化や多様性が進めば、働き方の選択肢も増えるのではないでしょうか。
現在橋本店には女性の施工管理職が4名いますが、まだまだ少ないと思いますので、女性の後輩が増えたら嬉しいです。

趣味は映画鑑賞。ディズニー作品など楽しいストーリーが好き。